オメガの魅力

オメガの魅力

オメガの魅力

オメガ スピードマスター
オメガのスピードマスターは、1957年に発売された。

私はそのころまだ生まれていない。どんな時代だったのだろうか。

スピードマスターの魅力を語る前に、ウィキペディアを覗いてみよう。

その時代の出来事を知り、当時の様子を想像してみるのもまた一興だ。

1957年といえば、第二次大戦が集結して10年ちょっと経過したころだ。

アメリカとソ連の冷戦の時期で、ソ連の人工衛星スプートニク1号の打ち上げが成功した年だ。

その後、両国は宇宙開発を本格的に開始する。

そんな時代に、スピードマスターは誕生した。

初代モデルは今から50年以上経っているにも関わらず、そのシンプルな美しさは依然健在だ。

スピードマスターといえば3つのサブダイアルを連想するが、初代はサブダイアルが2つだった。

オメガから、その初代モデルを正当に受け継ぎながらも最新の技術が詰め込まれたモデル、「スピードマスター '57 オメガ コーアクシャル」が発売された。

世界最高級の機械式時計のムーブメントを搭載した当モデルは、従来のスピードマスターファンをも魅了する仕上がりとなっている。

さらに、そのケースのバリエーションは豊富で、ステンレススチール、レザーストラップ、18Kレッドゴールドまたはイエローゴールドなどから選べる。

アポロと共に、宇宙空間を旅したスピードマスターの源流を堪能するにはこのモデルが最適であろう。